おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

フリーランスじゃなくても自分マーケティング

山のような仕事、ちょくちょく間に合わずに仕事が雪崩てクライアントからクレームの嵐。

とりあえず人手があれば泣いて喜ばれる会社にいるとあまり意識しませんが、基本は自分の仕事が「誰かに求められてこそ楽しい!」というのが通常です。

 

その軸に立って、自分をマーケティングしていきましょう!

適切な価値を適切なお相手にお届けするにはどのようにしたら良いのでしょうか?

 

今回は「マーケターのように生きろ 「あなたが必要だ」と言われ続ける人の思考と行動」を読んでみました。

 

 


マーケターのように生きろ―「あなたが必要だ」と言われ続ける人の思考と行動

 

マーケティング

マーケティングは日本語訳してピッタリな言葉がない単語です。

日本語でとっても簡単に言うと、特定の市場に、自分の価値を売り込むことと言うことができます。

 

「この仕事ができる!」というスキルを元に、どこで自分の力を生かすことができるか。このスキルをさらに求められるものにするには、どのようなランクアップ(勉強等)が効率的か。これらを考えて行動していくことがマーケティングです。

 

 

市場を見る

経理をして欲しい企業に「絵が描けるんです!」とアピールしてもなしのつぶてですが、イラストレーターを探している企業に「絵が描けるんです」と言えば喜ばれて採用されるでしょう。

 

マーケティングで重要視されることの一つ、市場に合った商品・価値を提供できているか。

 

情報収集を欠かさず、なにが求められているのかを常に確認しながら情報をアップデートしておきましょう!

 

 

パッケージが評価

とても優しい私がどうして評価されないんだろう……?という悩みがあれば、その答えは簡単です。

あなたを示すパッケージ(職歴書とか)にその優しいを証明するものがないからです。

「優しい」を必要とする市場に向かって、「優しい」を証明できる職歴や資格をぶつけていかないと意味がありません。

 

例えば、ボランティアで子どもを助けるために海外に居ましたとか言えれば「優しい」×「語学」あたりをパッケージに入れ込めます。

 

最近はそのパッケージをSNSが担うことが多くなり、それぞれのパッケージ評価を上げるために色々と投稿して、イイネを追い求める傾向があります。

 

 

余談 なぜブラック企業がなくならないのか。

ブラック企業から人手がなくならない理由が序盤の話で理解できてしまって、本題と関係のないところでダメージをもらいました。

 

忙し過ぎる会社にいると、ちょっとポンコツな人でも「助かるよ!ありがとう!」だなんて言われます。特に他の家族や友だちに感謝されない人ほど、その環境がどれだけブラックでも、その場にいれば認められるから依存してしまう。

だからブラック企業はブラックであることを望む人たちがいるために撲滅されず、承認欲求を満たすために体調を省みなくなってしまう人が発生してしまう。

 

こんな悪循環に気がついて、しょっぱい気分になりました。

 

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 

 


マーケターのように生きろ―「あなたが必要だ」と言われ続ける人の思考と行動

用途不明で困っている椿油はありませんか?私は大きい瓶で持っていました。

私の家にも置いてある椿油。貰ったり、髪の毛といったらこれでしょ?という素人丸出しな発想で購入したものがチラホラ。家のどこかにそんな椿油がある人にオススメの本です。

余って余って仕方なかった椿油を大量に使えるようになります。

 

今回は「椿油のすごい力」を読みました。

 

私がこれなら試せる!と思って実施してみた方法の一部を紹介いたします。

他の使用用途もたくさん紹介されていましたので、ご興味がある方はぜひ書籍をご覧ください。

 

 


椿油のすごい力 ヘアケア、スキンケアから、料理、もののお手入れまで

 

髪の毛に使う

私が髪の毛を伸ばしていた頃、髪の毛に良い!と聞いて買ってみた椿油がありました。

ですが、普段、ワックスやオイルをつけないどころか「シャンプーとリンスしたぜ。バッチリ(*`ω´*)ドヤッ」レベルの私では使いこなせず、棚にオブジェとして飾ってました。

 


大島椿 60mL (髪・頭皮・肌 ヘアオイル) 60ミリリットル (x 1)

 

髪の毛に使うにあたり、重要なことが書いてありました。髪の毛に使う方法はいくつか紹介されていましたが、手先が不器用な私でも手軽に使えた方法は「シャンプーの前につける」でした。

 

シャンプーに前につけて、髪の毛に馴染ませてから普通にシャンプーリンスする方法。

自宅でヘッドスパを自分でやるときに、地肌に塗るオイルとして活用。

 

これならお手軽に、さほど難しくもなく椿油を用いることができます。

 

 

クレンジングとして使う

確かにクレンジングオイルと言うぐらいなのだから、椿油でも良いですよね。そこまで厚化粧出ないのもあってか、サクッと化粧は落ちました。

 

油の伸びも良いので、たくさん使わなくても落ちますが、折角の用途と思ってガシガシ使ってみました。

 

他にも肌に塗ってみたり、料理に使ってみたり、革製品の手入れをしてみたり、椿油の色んな用途が紹介されていました。

 

家に余ってる椿油があるなぁ……という人は、ぜひ試してみてください。

私はさらに、ガサガサの踵にも塗ってみようと思います。

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 


椿油のすごい力 ヘアケア、スキンケアから、料理、もののお手入れまで

あなたのクローゼットは何着?

突然ですが、あなたのクローゼットの中には何着の服があるでしょうか?

 

A.私は計26着。

 

洗い替えや夏冬服を考えるとこの数が今の限界でした。でも可能ならもう少し減らしておきたいとも思います。

 

今回は、「オシャレにしたい!」でも「クローゼットもミニマム化したい!」を両立すべく「クローゼットは6着で良い」を読んでみました。

 

 


骨格診断×パーソナルカラーでわかった洋服選びの新スタンダード クローゼットは6着でいい

 

 

考えるのが面倒な人にピッタリ!

この本をオススメしたいのは、ファッションが好きな人ではありません。

どれだけめんどうなことなく、クローゼットを揃えることができるかを検討している私のようなズボラかつオシャレはモラル程度の人にはすすめます!

 

骨格や似合う色診断を元に、この6着を持っていればOKという最低限を教えてくれます。形も色も教えてくれるので、あとは同じ形のものをユニクロに探しに行けばOK。

シャツやブラウスなどは洗い替えを考えて、2枚だか3枚買っておいたらバッチリ!

 

ネット通販に役立つ

コロナに適応している本……!と驚愕したのが、なんと丈の長さなどの目安が写真で載っていたことです。

実際にお店で買えない今、苦手意識のある人が通販買いできるように、服のサイズ感を身長別のモデルさんを使って丁寧に説明してくれます。

 

ネット通販で服を買うのが苦手であれば、ぜひ手元にあると役に立つ本です。

 

マイクローゼットを見直してみる

記事冒頭で計26着と報告しましたが、内訳は次の通りです。

夏服上5着、冬服6着、ジャケット2着(夏・冬)、カーディガン3着、ライダージャケット3着(春秋・夏・冬)、ズボン5着、スカート2着、ワンピース2着(夏・冬)です。

その他冠婚葬祭用が1着ずつありますが、ファッションという意味ではノーカンでしょう。

 

仕事がそこまでホワイトじゃないので、毎日の洗い替えは必須ですし、季節に合った服を着ないと夏が暑くて溶けます。

ミニマリストの生活を漠然と憧れているのと、引越しがあるため減らしていますが、オシャレを考えているかと言われるととても微妙です。

 

洋服の種類は私のストレート×ウィンターに合うかと考えると、色味を気にしてなかったから少し微妙です。

そのため、次に洋服がヘタレて買い換えるときには色味も気にしていこうと思います。

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 


骨格診断×パーソナルカラーでわかった洋服選びの新スタンダード クローゼットは6着でいい

ミニマリストが重要視する大切なものとは?

スッキリしたキレイな部屋、スマートな生活を夢見ている私はミニマリストの本「月10万でより豊かに暮らすミニマリスト整理術」を読んでみました。

 

何度も引越しをするから仕方なくミニマムなわけじゃなくて、信念を持ったミニマリストになりたいなぁと思って読んでいます。

 


月10万円でより豊かに暮らすミニマリスト整理術

 

具体的に使う場面を想像できる?

家具や雑貨が本当にこの部屋にいるかどうかを考えるときに、使用するときが想像できるなら取っておこう、想像できないなら処分するというのが断捨離の基準だそうです。

 

私の部屋は割と使っていないものはないのですが、一角、読む予定のない本がたくさん置いてあります。近いうちに読み切って断捨離ですね。

 

読んだ本をその辺に打ち捨てていくナポレオンのごとく、読んだらメルカリ、読んだらメルカリをして引越しに備えた方が良さそうです。

 

 

日用品にお金をかけない

日用品は消耗品、お金をかければかけるほど、未来に残らない。と言われて、グッサリ来ました。肌に良い石鹸とか、いい匂いのする洗剤とか、結構好きです。

 

こ、このあたりを浪費と言われてしまうのか……。

まあ確かに後には残らないその場で終わってしまうものですよね。

 

 

服飾平均月2万

平均家計の服飾費が月2万というのに驚きました。月5000円買ってれば、割と購入している月のイメージでした。

元々ファッションに興味がさほどないのが功を奏して、日用品カットよりはダメージが少なそうです。

 

着る服の数を減らして、ファッション費用を下げていきましょう!

 

セールも活用してブラウス500円!とかで満足できてる私は大丈夫そうです。

 

 

仕事道具にはお金をかける

仕事道具は基本支給品ですが、週2と少なくはありますが、在宅がはじまったので家にも仕事道具を置くようになりました。

 

机と椅子です。

 

乗せられれば良い、座れれば良いの激安のものを使っているので(机と椅子セットで2000円でした)、壊れることがあれば、買い換えるときに……と思っておきます。

なお、マウスは私物でクリックの反応速度が気になるので、それなりに良いものを使っています。

 

この本を書かれた方は、今後に繋がる投資と思えるものにはお金を使ってその場限りと思うものは節約することにしているようでした。

今後の参考になりました。

 

それでは、またねーヾ(*´∀`*)ノ

 


月10万円でより豊かに暮らすミニマリスト整理術

シンプルなノート術、このぐらいならやれる気がする。

私がノートを使いこなしていたのははるか昔……。

今はノートを使うというよりも、メモを無くさないためにメモをノートに残しているだけになってきています。

そのためノート術とかを頑張らなくなって久しく、YouTubeFacebookで可愛らしいノートを見ては「あ、頑張ってるな」と他人事でした。

 

そんな私でもこのぐらいなら行けるかもという技が載っていました。今回は「コクヨのシンプルノート術」を紹介します。

 


たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術

 

付箋との合わせ使い

メモとして使っていることも多いために、ノートに書き込んでから、並び替えたい!スマホなら楽々できるのに!と地団駄踏むことがよくあります。

 

シンプルですが、付箋に書いて付箋を貼り変えれば一件落着です。

 

急ぎタスクを赤、1週間以内を黄色、時間があればを青とかにして、対応時間ごとに並び変えれば予定変更にも柔軟に対応できるメモになりそうです。

 

 

1日1ページ

私は今でも基本1日1ページ使って、昨日と今日の業務が混ざらないように工夫しています。

メモを取るようなタスクが少なかった日には無駄使いしてしまった気分にもなりますが、後から見直すことや使っているときに混乱しないかどうかを考えると、やはり1日1ページは合理的らしいです。

 

普段の行動が肯定されると嬉しくなりますね。

 

 

写真との併用

ノートと写真の併用例が記載されていました。スマホで撮影したものをその場で出力できる小さなハンドサイズの機械が紹介されていました。

検索したら1万円ぐらいで、Bluetooth接続で出力できるようです。

 

確かに写真が貼れれば手書きで書く必要もなくなって便利かも……と少し心揺れました。

 


Canon スマホプリンター iNSPiC PV-123-SP 写真用 ピンク

 

 

色は3色まで

よくSNSで見かける可愛らしいノートは色とりどりで、私が持ってもないような色を使って書いている人が多くいて、他人事化してしまう原因にもなっています。

ですが、さすがはコクヨのシンプルノート術とうたうだけあって、使うのは基本3色。なんなら3色ボールペンで完結するぐらいです。

 

このぐらいなら私でも実行できる気がする……!と少し勇気が出ました。

 

 

面倒くさがりでもやれそうなノート術

今回の本には、他にも思考を整理するときのオススメ方法やタスク管理のオススメ方法が記載されていました。

どれも「ま、このぐらいなら……」と思えるぐらいだったので、ちょっとやってみようで書けそうな気がしました。

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 


たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術

オシャレを消費しなくなってきた。

サステナブルとか、環境に気を使おうとかが言われ始めて久しいですが、ファッション雑誌とかにも反映されるようになって驚きます。

 

今月もOggiを読みました。相変わらず、働いてやるぜ!って雰囲気がでてました。

 


Oggi (オッジ) 2021年 9月号 [雑誌]

 

少ない服をどう着回すか。

今回の特集のうちの1つ、着回しについてありました。最近のオシャレは消費しないで、環境に気を使えるステキな人。でも自分らしさを忘れない。といった雰囲気があります。

 

私が気に入っているミニマリストという考え方はこの再先鋒です。

 

それを反映してか、雑誌に載る特集も、たくさん持って、個性的な格好からどれだけ数少ない服を着回すかにシフトチェンジしてきています。

 

 

シンプルな基本装備

オススメされるオシャレが個性的だったり、特徴があるのは昔といった風潮です。今、重要視されるのは基本のオシャレです。

 

アクセサリーならシルバー等のいつでもつけられるシンプルなもの。洋服なら個性的なデザインよりも長く着られるデフォルトのシャツ。

シンプルで似合うものを組み合わせて行くのが流行りのようでした。

 

 

秋物?

シーズン的には秋物が出てくるようになってきました。ですが、夏が過ぎたら速攻冬が来るので、最近は秋や春の物を着る間がありません。

秋物は春と違って、好きな色が多くて買いたくなるのですが、着ないのに買っても仕方ありません。

 

残念ですが、しばらくはなにも買う必要はなさそうです。

 

それでは、またねーヾ(*´∀`*)ノ

 


Oggi (オッジ) 2021年 9月号 [雑誌]

ミニマリストへの具体的計画。プロジェクト333

ミニマリストへ漠然と憧れているだけではミニマリストになれません。ということで、具体的な計画を上げてくれている本を読んで実行してみることにしました。

 

クローゼットからミニマリストへ!

 


もう、服は買わない

 

プロジェクト333

プロジェクト333についてざっくりと説明します。

 

部屋着、スポーツウェア、フォーマルスーツ等の必需品を除いたクローゼットに入るファッショングッズの個数を33に抑えて、3ヶ月過ごしてみる。

このプロジェクトがミニマリストへの第一歩としてとても良いと噂を聞きつけ、試してみようと本を読んでみました。

 

私のクローゼット

まずは必需品を除きます。部屋着2着、スポーツウェアジャージ1着、ヨガウェア1着を除きます。

それ以外のクローゼット中身を33に厳選していきましょう。

 

トップス
  1. ブルーシャツ
  2. 縦縞シャツ
  3. チェックシャツ
  4. 水玉シャツ
  5. ピンクのブラウス
  6. 白のブラウス
  7. 赤のTシャツ
  8. 緑のTシャツ
  9. 青いカーディガン
  10. 青いカーディガン
  11. 緑のカーディガン

 

ボトムス
  1. ネイビーの長ズボン
  2. ネイビーのクロップドパンツ
  3. ネイビーの7部丈ズボン
  4. グレーのズボン
  5. 黒のスカート
  6. ジーンズ
  7. ライダー用ジーンズ(プロテクター入)

 

  1. 黒のパンプス
  2. 黒のブーツ
  3. 緑のパンプス
  4. 青のパンプス
  5. 黄色のパンプス
  6. 黒の革靴

 

アクセサリー
  1. 白のパールイヤリング
  2. 青の片耳イヤリング
  3. 紫の片耳イヤリング
  4. 赤のイヤーフック
  5. 青のイヤーフック
  6. 紫のイヤーフック
  7. 赤のネックレス
  8. 青のネックレス
  9. 腕時計

 

カバン

  1. 仕事用黒のトートバッグ
  2. プライベート用青のトートバッグ
  3. 斜めがけの小さな黒カバン
  4. 斜めがけの小さな麻のカバン
  5. ライダー用リュックサック

 

その他
  1. ライダー用ジャケット(プロテクター入)

 

 

クローゼット整理

書き出してみて気が付きました。私の生活にはバイクが必須です。

人によって必需品は異なるとありましたので、バイクがないと生活に困ることからライダー用品を必需品にしました。

 

それ以外で足していくと……

11+6+6+9+4=37

 

 

4点オーバー

オーバーした4点を減らしましょう。

トップスからチェックシャツ、緑のシャツの2点。よれてきていたので、ちょうど良かったです。

ボトムスからネイビーの7部丈ズボン。サイズが変わってきていたのと、3年履いていたので古びている感じが出ていたのを処分。

 

アクセサリーは金属ではなくガラス製品を愛用しているため、連日つけていると1ヶ月程度で割れてしまうため、これはそのままにします。

 

1点オーバーですが、許容範囲でしょう。

これで3ヶ月、トライしてみます。

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 

 


もう、服は買わない