おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

読書感想文 日本の文豪著作

人間より人間臭い神様たち

古事記、いいですよね。 古文で読んだことありますが、途中名前が羅列してあるところはめんどくさくなってすっ飛ばした覚えがあります。 高校生の終わり、受験をやめて推薦で大学決めたので、時間が余って図書室で源氏物語とか諸々を古文素読みしてました。 …

物足りないのは本好きだから?読み込み不足?

私はどうしても漫画より本の方が没頭して世界に入り込んで楽しめるような気がしてしまいます。 それは漫画を没頭して読む力が不足しているせいかもしれません… 今回、読んだのは各種文豪の作品の漫画です。 有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫…

むず痒くなる家族団欒

人間関係を洗うように書くのが上手な太宰治の作品を読んでみました。 三省堂書店オンデマンドインプレス青空文庫POD[NextPublishing]愛と美について(シニア版) 家族紹介の時点で、太宰らしさが溢れていてむずがゆい気持ちになります。 大人になった気分の…

花火 太宰治 を読んでみた

文学作品を読むのもいいですね。ビジネス書とは違った楽しみがあります。 太宰治全集〈5〉 (ちくま文庫) 今回の主人公も、妹にお金をせびて、着物を盗み、母親の装飾品を盗み、父親の物を盗み、最低です。更に更生するためと嘘を放って母と妹から飲み代を出…

パンドラの匣 を読んでみた

大宰治のパンドラの匣を読んでみました パンドラの匣 手紙形式の小説です。 終戦直後の豪農の家に生まれた青年が主人公です。手紙は結核患者の療養所で過ごす青年とその友人のやり取りです。 結核であることを自覚しながら、親に黙って自分のことを早く死ん…

彼は昔の彼ならず を読んでみた

三日連続で太宰治です。 夜寝る前に太宰治を読むと夢に誰かがやってきます(笑) とてもリアルでなんにも覚えてない、ただ少しほっとするような妙な気分になるから三日連続させてみました。 彼は昔の彼ならず 無個性な庶民青年に自己投影する華族青年のお話で…

グッド・バイ を読んでみた

はい、本日も太宰治を読んでみました 太宰治はダメな男を描くのが上手いですね、もしかしたら本人も…?とか勘繰りたくなりますが、私が女性の表現をしやすいようなものですかね グッド・バイ (新潮文庫) ネタバレ注意⚠ ある男が何人もの女性とかっこよく別れ…

葉桜と魔笛 を読んでみた

太宰治にハマってます(笑) 葉桜と魔笛は珍しく、太宰治の作品にしてはですが、なんだか普通のお話です。 逆に裏があるのでは?と勘ぐるぐらい普通の文学小説で不思議に思うぐらいです 葉桜と魔笛 著者:太宰治 ネタバレ注意⚠ ある女性の告白です。 かつて、…

不良少年とキリスト を読んでみた

坂口安吾の不良少年とキリストを読んでみました 先日、ついに漫画喫茶にいきまして、文豪ストレイドッグスを全巻読破してきました(*’ω’ノノ゙☆パチパチ 安吾が不服そうな顔をして太宰に振り回されてました、太宰は織田作のことを根に持ってますね 文豪ストレイド…

女生徒 太宰治 を読んでみた

厨二病をかっこよく表現できる天才、太宰治の女生徒を読んでみました。 女生徒 (角川文庫) 女生徒 著者:太宰治 出版:角川書店 女生徒のある一日です。 その一言につきます(笑) なにか特別なことをしているわけでもなく、ある女生徒の1日を女生徒の多感な…

特攻隊に捧ぐ 坂口安吾 を読んでみた

今日は特攻隊に捧ぐという坂口安吾の作品を読んでみました。毎年この時期に行われるイベントに乗じてみました。 大元のことを理解していることがどれだけいるのか怪しいものだと私は思っています 前に勤めていた職場の勉強会で8月の原爆と終戦日を考える時…

天衣無縫 織田作之助 を読んでみた

今のところ文豪ストレイドッグスでは一番好きなキャラクターである(スピンオフの主人公だからという贔屓目も十二分にある)織田作之助の異能名である天衣無縫を読んでみました 死に方も二次元の世界らしくかっこよかった彼の異能の作品はさぞかっこいいのだろ…

羅生門 芥川龍之介 を読んでみた

中学生ぐらいのときに教科書で読んだような気がします。そのときは随分と感化されやすい男だなぐらいにしか思わなかったのですが、今はまた少し違うように思えます iBooks で読みました 羅生門 羅生門 著者:芥川龍之介 あらすじ 羅生門、京都にある通りにあ…

じわじわと迫る狂気が体感できます

お手軽にじわじわ迫り来る狂気を体感することができます(笑) こんなできます!嫌ですね〜 今日読んだのは太宰治の人間失格、文豪ストレイドッグスでは太宰治の異能として名前が使われている作品です 昔読んだときは酷い大人がいると思うのと同時に、こんな男…

あなたの思い描く物語は?

文豪の小説が読みたくなり、またもやiBooksで読みました。もちろんAmazonでも買えます 信長 (土曜文庫) 文豪ストレイドッグスでは情報屋の顔を持ち謎が多かった坂口安吾、彼の小説を読んでみました。 読んでみて驚きました。織田信長、未完でした まさか文豪…