おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

理不尽に対処してみた

理不尽から逃れるために転職をして、新たな地で仕事をはじめ……ようとした矢先、理不尽がやってきました(笑)

やつらは頻繁に人の怒りのドアをノックして(o´д`o)

理不尽が私の感情にピンポンダッシュするんです 

 

前の理不尽は心の持ちようでなんともならない強者だったので辞めたのですが、今回は心の持ちようでなんとかなりそうです

 

 

 

 

とりあえず前置きとして、どうにもならない理不尽は耐えちゃダメです。

 

逃げて!

それはあなたを殺しにきてる暗殺者です!

心にナイフを突き立てて、意味もなくあなたを殺そうとしてます

 

言葉や理不尽というナイフは見えないから軽視する人が多いのですが、自殺に追い込んだり、過労死に追い込んで来ていることを考えたら、それはあなたを殺そうと画策してる通り魔です

 

実際に目で見える形で、

目の前にナイフをチラつかせて、おい!殺すぞ!とかいう人がいたら超特急で逃げますよね

ついでに警察呼べる人はメンタルが強い方です

 

普通の人は走って逃げるか、怖くてその場から動けなくなってしまいます

後者は危険です、逃げてください。

 

蛇足になりますが、

もしすぐに逃げられない人でも、何回かそういう想定で大きな声をかけられる訓練をしたらすぐに逃げられるようになります。

それでも難しければ危ないと思って、頭がフリーズしたときに脳内で自分にかける言葉を決めておくといいです。

危ない!と思って身体と思考が止まってしまいそうだったらその瞬間に「あめ!」とか「う〇こ!」でもいいから馴染みのある言葉を発せられるように訓練して、その言葉と同時に走れるようにしておくといざというときに役立ちます

人の少ないところや、予めそういうことをすると管理者に伝えて訓練をしたらいいと思います

 

 

話は脱線しましたが、どうにもならない理不尽からは逃げなければいけないとわかってもらえたでしょうか? 

 

 

なんとかできる理不尽と私が勝手に思っている理不尽は二つです。

「法律で決まっている」と万人に降りかかる問題だと悟りを開く。

もしくは「こんな小娘に八つ当たりして心のうちをさらけ出さないといけない可哀想な人なんだな」と相手を哀れむ。

そうすると理不尽が業務として処理しなきゃいけないもの、または、人生に失敗した残念ななれ果てに見えてきます。

前者は淡々と処理、後者は私の労力を使ってまで相手にする価値のないものになります。

 

誰に言うわけでもなく私が勝手にそう脳内処理しているだけなので、口にさえしなければ責められる筋合いはありませんものね(笑)

 

 

 

 

なんとかなる理不尽の例(ノ∀`笑)

 

今回呟き始めた原因の理不尽はごみ捨てのときにやってきました。

 

市の決まりの分別、時間を守っているにも関わらずマンションの管理人が「誰の許可を得てゴミを捨てている?!!」と怒鳴ってきました

不動産会社で契約をしてマンションに住み始めてるし、挨拶もしたし、ごみ捨てに関しては市役所で確認して、許可もらってきたんですけど…

地方税は収入に応じた分を納めてるし、むしろあなたがどうして私の権利を奪えるんですか?と疑問が湧きました。

 

まあこの程度なら管理会社に連絡して

「こういうことがありましたよ。きちんと管理をよろしくお願いしますね」

とお伝えして、不動産には

「こんな人がいるなんて聞いてませんよー」

とお伝えして、必要な処置は取りました。

 

今後はマンションの出入りの際は防犯カメラがある場所を通り、スマホで録音を常にした状態にすることにしました。

お金を払って住んでるんですケドネ。まあ淡々と対処するだけです

ちなみに管理人がいなくなったあとで、管理人の見えないところで、市の職員にゴミを手渡しました

 

強面の男性には怒鳴り散らさないらしいので、相手を見極めてマウントしてると言うことらしいです。表立っては、はいはいと適当に相手をしてから、管理会社には証拠を突きつけて管理人換えを要求するだけです。

 

相手の見た目が温和そうだったり、女だという理由でそういうことする人は何度か痛い目を見たらいいと思います。

目に見える腕力や相手を萎縮させる大きな声よりも、見えない力の方が強いよ、と。知能が低い生物に対して行う教育は痛みがないと教育効果がないので、経済的な痛みで学習してもらいましょう。

 

 

 

今度は逃げるべき理不尽の例( ºωº )

 

極端過ぎる具体例で申し訳ありませんが、私の体験談を載せておきます。これは医者が逃げてくださいと真顔でいうパターンです

 

 

朝5時半に出勤完了、帰りは24時過ぎて帰ってくることもある(帰ってこないこともある)。繁忙期過ぎてどうにもならないときは日曜の夜出勤で金曜の夜帰り。

時間外や休日にある個人の時間は電話一本で取り消されて、時折、クレームの電話が携帯に直接かかってくる。

 

上司はパワハラやセクハラをしてくる上に、モラハラもします。〇〇ハラスメントは最近多くなってきて掌握しきれていませんが、大体網羅してました

 

パワハラは怒鳴る殴る、それも回避できない理由で行う。真面目に考えて対処するのは無理。

「雨が降ったら困るだろう!なんで雨が降ってるんだ、なんとかしろ!」とか私は神さまですか。

 

セクハラで一周通り越して笑ったのが社員寮の部屋に踏み入ってきてデートの約束を取り付けるまで帰ってくれない上司とか、セクハラの意識がなくて唖然としました

そんなに魅力的な女ではないんですけどね…街では10人が10人振り返らない普通の人です

 

モラハラでは、300人近い部下の前で「女が前に立って話すな!!」や「なんでB倉庫にものがないんだ!責任問題だぞ!」と詰ってくれたことを挙げましょう

尚、B倉庫にものがない理由は3時間前に上司が「B倉庫からA倉庫に荷物を運んでおけ!30分以内だ!」と命令をしたからでした

その3時間前の命令の録音を披露したら「業務内容を無断で記録するのは情報漏洩に繋がる!」と叱りつけてくれました

 

社員寮は10人1部屋でもちろん御局様付き。

お部屋でも理不尽はやってきます。

御局様は驚くことに台風の日は「あんただけ出社したらいいでしょ」とまさかの女王様。

大雨の中、職場に向かうと「社員寮のくせになんで濡れてくるんだ!汚いだろ、掃除しろ!」と上司。

私の味方は無言で待っててくれてた椅子ぐらいです。

 

タオルを持っていけばその濡れたタオルを干すのに臭いと一蹴され、捨てられる。

水の節約のためにトイレは流すことができずお風呂は週に2回程度。洗濯機は論外。

 

外に出れば…と私も思いましたが、そもそも外出可能なのは週末のみ。コンビニすら車で行く遠さ。

 

ただでさえストレス度数の高い部屋なのにプライベートスペースはベッドの上のみ、しかし、カーテンもないので他から見えます

ベッドにいれば用事言いつけられるので、休日外出禁止されたときは、勉強するにも適当に寮内を歩いたり、トイレでしてました。便を流せないトイレになんてみんな来ません。

 

 

そんなある日、急に笑い出して笑いが止まらなくなりました。別に何も面白くないし、それに関して嫌味をいう御局様もいるから笑いやみたいのに全く収まらない。

変だな、と思いましたが半日経つと発作は収まり、いつも通りの激務に埋もれていきました。

 

そのまま1ヶ月して、長期休暇の初日、急に泣いて泣きやめなくなりました。別に悲しくもないし、泣きたい訳でもない。むしろ泣いたの何年ぶりぐらい。普段は殴られようと詰られようと、映画をみても全く泣かないのに泣き止みませんでした。

それを見た彼氏に病院に連行されたところ、医者から仕事を辞めた方がいいと真顔で言われました。

 

月30万の仕事と命を天秤にかけるなら命を優先します。

 

残業代はなく、常に労務はサービスで提供される。

冷静になれば勤務時間考えて、時給考えたら150円にならないぐらいですし、忙しいときなんて時給換算したら2桁ですね。割にあってない。

でも悪循環にハマってる当人は誰かに言われないと気がつけないんです

 

 

上に挙げたような状況なのに、私は辛いと自覚がありませんでした。理不尽は晒され続けると感情が麻痺して何も感じなくなります。

そしてある日突然、精神や身体に異常をきたします。本人と医者がびっくりするぐらい私はタフだったので、PTSDにも鬱にもならず退職して転職しました。普通ならおかしくなるか、死んでるレベルらしいです。

 

もし、私の話にわかるわかるー!という人がいたら私の仲間です。気付いてないだけで死に近付いてます。明日死んでもおかしくありません。

現に元職場の仲間の一人が職場内で倒れて亡くなったと2週間前に連絡がありました。

あなたの抱える理不尽はあなたに対する刺客です、命狙ってます。

 

それの対処法は逃亡です。

 

無駄に理不尽耐性が高いらしい私からのアドバイスです。死ぬぐらいなら仕事も住むところもいくらでもあるから、仕事辞めといた方がいいですよ

 

 

そういう仕事を辞めたら、世界が広くなりました。昼間に街を歩くと深夜と違って人がいます。

道端に座ってお話をしているギャルたちやスーパーを駆け抜ける子どもたち、どうでもいいことに執念を燃やす老人たち。

これまで仕事仕事とセコセコしていた自分が不思議なぐらい、どうでもいいことをしている人たちがいます。

 

仕事や生産性や資格やら理不尽やら、色々とやるべき、見た目がかっこよさそうなことに追われていたけど。

 

世の中にはこんなにもどうでもいいことをしている人たちが、それがさも大事件のように忙しなく動いていました

私が大事件!なんて理不尽!と思って仕事していたこともきっとどうでもいいことだったんでしょう。

 

 

今回の件もはじめは少しイラッとしましたし、かつての理不尽たちは命の危険がありましたが、どんな理不尽たちも対処した結果はどうでもいいことでした(笑)

 

 

それでは、長くなりましたが、またねーヾ(*´∀`*)ノ