おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

私のレベルアップ方法:聞き返し削減作戦!

メールや日報で聞き返されることが多いので、文章術を学んでみることにしました。

 

人より評価される文章術 を読んでみました

 

メールを書くのが不慣れで、未だに私は社外に送信するのに上司の許可がいります(笑)

 

こんなにメールに不慣れで、作るのに時間がかかる人が他にいるのかというぐらいできません。

ずっと上司に聞いているのも、申し訳ないな(それでも以前にメールの書き方の本を読んでいる)と思い、再度その内容で本を読んでみることにしました。

 

 


人より評価される文章術

 

 

私でも実践できそうな3項目

(他にももっと活用できそうな項目がありましたが、私にはまだ早そうでした)

 

・一文一義で書くこと。

・相手の利益を伝えること

・相手の視線に立って、お願いするときは疑問系が良い

 

 

コピーライターという文章を各プロがいうことだから、なるほど…と思うことが多いですね

 

日々の文章、反省します(´・ω・`)

 

 

まずは一文一義!

 

 

1つの文で、伝えることは1つにする。

 

文章術を磨いて、上司の手間も省いて、私の確認待ち資料の数も減らして、できるようになれば出世も夢じゃないぞ。

 

とかより

 

文章術を磨きます。

そうすると、仕事の効率も上がり、出世も現実的になります。

 

この方がスッキリします。

 

 

依頼の時は疑問系を用いる。

 

 

アンケート回答してください

 

よりも

 

アンケートにご協力頂けませんでしょうか。

 

下の方が、押し付け感がなくなりますね。

選択肢があるように錯覚させることが相手に自由を錯覚させることになるみたいです。

 

 

そして相手の利益、相手目線で考える。

 

 

〇〇の企画、よろしくお願いします。

 

ではなく

 

〇〇の企画、検討して頂きましたでしょうか。

〇〇の企画には××案件の主任も参加を予定しています。

 

相手が××案件をやりたがっている話を予め知っている前提ですけどね。

 

 

ビジネスメールの通信教育とか、あればいいのにとか思います。

もしかして、私が知らないだけであるんですかね(笑)

 

 

今回の本を地道にモノにできたら、業務は随分と楽になるような気がします。

 

今の私では手が届かなかった内容もそのうち実践します!

 

なので、何度か繰り返し読んでみることにします。

同じ本を繰り返し読むと新たな発見もあるので、個人的にオススメしたいです。

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 


人より評価される文章術