おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

話し方のコツ

心理学!とか言われると少し怯みますが、「人に頼み事を快く受けてもらうやり方」だったら私もできそうな気がします。

 

今日はこういう性格の人にはこの順で話すと良い!

お願い事はこのようにする

 

といったコツの本を読みました。

 

 


効きすぎて中毒になる 最強の心理学[電子限定特典付き:追加コンテンツ『モテるために「性」から異性を支配する』]

 

 

1 2択にする

2 3択用意して、真ん中を選ばせる

3 好意と悪意の見分け方

 

 

1 2択にする

 

「肉と魚どっちがいい?」

「え?肉、ステーキ」

 

家で実践してみました。

ちなみに夕飯のおかずの話でしたが、2択がざっくりしすぎて誘導したかったイカの干物まで誘導できませんでした。

 

後ろのものの方が選びやすいらしいので

 

あじの干物とイカの干物どっちがいい?」

「すごい二択だよね…」

 

なんだかうまくいきませんでしたが、恐らく選択肢のせいでしょう(笑)

 

 

2 3択の真ん中が本命

 

有名な方式ですよね

 

松竹梅のメニューがあったらイチオシは竹

 

あえて1番下を選び続けていたのですが、これは収入と世代の問題ですかね…?

こういう私みたいなやつが増えるとデフレが加速するのでしょう

 

 

3 好意と悪意の見分け方

 

動作や癖によって、自分に悪意や敵意があるかといった見分け方です。

 

すごい数があるので、よく熟読してわかりやすいもののみ実践で利用してみたいと思います。

 

営業とかだったらすごく役にたつのだろうな…と思いながら読みました。

とりあえず当分はどうやって自分の食べたい夕飯に誘導するかやってみます。

 

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 


効きすぎて中毒になる 最強の心理学[電子限定特典付き:追加コンテンツ『モテるために「性」から異性を支配する』]