おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

梅酒作ってみた

八百屋に青梅が売っていました。

 

1キロ600円

 

なんてことない光景なんですが、疲れていたのか私はビビッと来ました。

こ、これでお酒を作ったら安上がり!?

 

何と比べて安上がりなんだか知りませんが「おおおお!??」となぜか気分がノリノリになった私は梅酒を作ることにしました。

 

 

八百屋で青梅を買ったのはいいものの、梅酒の作り方なんて知りません。

おばあちゃんにLINEをして、分量と簡単に作り方を聞いて、「これならあんたでもできるよ」の言葉に後押しされて梅酒を作りました。

 

青梅3キロ ←とりあえずいくつ必要か不明だったので沢山買ってみました

 

4lの梅酒瓶を近所のホームセンターで購入、氷砂糖と、ホワイトリカーという「果実酒用」と書いてあるお酒も購入してみました。

 

4l瓶2本、1l瓶1本、2lホワイトリカー2本、1キロ氷砂糖2つ

 


漬け上手 フルーツシロップ びん ポット 930mL 日本製 I-77827-W-JAN-S(1コ入) ホーム&キッチン 保存容器・ストッカー 保存容器 [並行輸入品] k1-4906678163589-ah

 


果実酒びん F 角型 4.0L

 


日新製糖 氷砂糖ロック 1000g

 


サントリー ホワイトリカー 果実酒用 紙パック [ 焼酎 35度 1800ml ]

 

私はアホでした。

無駄に筋肉ムキムキで脂肪をこさえている身体でなかったらこんなものを徒歩30分かけて買いに行ってはいけません(笑)

ネットで買えば良かったと後から反省しました。

 

ホームセンター行く前に、家ではボールに青梅と水をいれてあくぬきをしていました。

家に戻り、2時間のあくぬきが終了したので、そのまま青梅を洗って、キッチンペーパーで拭く作業に入りました。

ついでに梅のヘタ?みたいなものをたこ焼きを回すピンで取って瓶に入れていきます。

 

梅と氷砂糖を交互に入れて、瓶をこんな感じにしていきます。

 

f:id:letsbiginner:20190608210114j:image

 

4l瓶は梅酒、1l瓶は梅シロップのつもりで作成しました。

 

f:id:letsbiginner:20190608211332j:image

 

左側のが1番に作成したので、既に氷砂糖がとけだしています。

ある程度氷砂糖が溶けたら瓶をふって糖分を均一にして、あとは週一から月一ぐらいの頻度で飲める日を心待ちにして瓶を振るだけ。

 

飲める日はいつになるのか!

 

楽しみですね

仕事とは全く関係の無い好きなこと(お酒)に触れられていい気分転換になりました。

トータルで6.000円ぐらいですかね

 

それでは、またねーヾ(*´∀`*)ノ