おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

そこそこのプレゼン方法

本当に基礎の基礎から学べる本です。

 

「PPTはいじったことのある→PPTで資料作成ができる」レベルの人向けのマニュアルでした。

技術的なことも若干書いてあるので普通にタイピングできてという人ならこの本1冊で資料が作れるのではないかと思います。

 


一生使えるプレゼン上手の資料作成入門 一生使えるシリーズ

 

プレゼン資料なんて大学生以来作っていないので(公務員の資料はあくまで資料、プレゼン向きではない上に形式と書く内容を決められているため自分で作成ではない)、懐かしいなあこんなことやったな!と思いながら読みました。

 

資料の流れの基本、資料の作成のいろは(紙作成→パソコン作成)、スライドの見やすさの追求

入門資料らしくそこも説明してくれるんだ!

というところまで綺麗に見せてくれます。

 

私の勝手な要望としては本の途中途中で見えるプレゼン資料の例で出ているスライドがまとまったものが見たいです(笑)

復習のときにそれだけ見たらこのページはこういうことだったと思い出せそうな気がするので

 

まあプレゼン資料を作ることほぼないんですけどね(笑)

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 


一生使えるプレゼン上手の資料作成入門 一生使えるシリーズ