おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

読書の魔術

読書してもなかなか身につかないと思っていたので「痛い痛い😣」と感じる内容でした。

 

読書方法4パターンを紹介してくれてます。

 


ビジネスマンのための「読書力」養成講座 小宮流 頭をよくする読書法 (ディスカヴァー携書)

 

読書方法

①速読(会議の資料はこれで十分)

②通読1(小説やライトな本はこれで読んで楽しむ)

③通読2(線を引いたりして知識をものにする、ハウツー本系におすすめ)

④熟読(難しい本を読むときはこれ、文内の不明な単語を調べて、他の本の知識とリンクさせて読んでいく読み方)

 

4パターンあり、目的によって使い分けるのが大切!

 

私が普段使うのは①②ですね。

ブログに載せる本は大抵②読みです。

 

本に線を引いたりするのが嫌いだからなのですが、よく考えたら私の本は最近Kindleです。

電子書籍だから本に線を引き放題なはずです。

 

うっかりしてました。

 

折角なので熟読をこの本でしてみました。

熟読にかかる時間は30時間程度と言われていましたが、色々リンクさせたり、知ってる知識と繋げたり、調べたり…

頑張りましたが5時間程度で終わってしまいますね。

 

地味に難しい。

 

時折どことなく癪に障ったりするカチンとくる口調ではありますが、まあ教授なのでそういうものだと割り切り、読み切りました。

内容的には「へー」というぐらいです。

 

ただ思ったのは「理由はわからないがある日突然読めるようになった」という冒頭ですかね。

 

そこ!!!

知りたいのはそこだから!!!

 

理由はわからないと端折ったらダメだから!

この本で「ある日突然読めるようになったが、理由はわからない。教えられない」というのは詐欺か!!

 

冒頭でツッコミ待ちのボケがあったので、私は抜かりなくツッコミを入れて読み進めました(笑)

 

読書の方法本で何故かある日目覚めた

悟り方はわからない

 

宗教かよ!

 

所々に出てくるツッコミどころに余すことなくツッコミを入れながら読み進める熟読は楽しかったです。

んー、読書について学ぶのはこの本でなくてもいいのかも。

 

ある程度本を読む人が次のステップに行くにはおすすめです。

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 


ビジネスマンのための「読書力」養成講座 小宮流 頭をよくする読書法 (ディスカヴァー携書)