おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

攻めるなら、発想力から

「なんで気が付かないの!?」と怒られることは多くありませんか?

 

私ですね。

 

大抵、部長に「これ、〇〇した方がいいんじゃない?」と言われてからそうしよう!と思うことが多いです。

そういう雑用係ではあるものの、できれば自分で気が付きたいなあと思っています。

 

とはいえ、毎日雑用に追われていると改善の隙間はなくて、ただただ積載される雑用をこなすのに精一杯になりがちです。

 


ビジネスマンのための「発見力」養成講座 こうすれば、見えないものが見えてくる ビジネスマンのための力養成講座シリーズ (ディスカヴァー携書)

 

※折角なので読書法で学んだ熟読をしてみました。

 

☆人間はカメラではないために、見たもの全てを認識することはできない

例えばLAWSONの文字の中にあるミルク缶に気がついていますか?セブンイレブンのnだけ小文字なことに気がついていますか?

 

どれだけ毎日見ていても人間はものを見れてません。

 

①関心のあることしか気がつけない

これが人間の認識の前提です。

そうなってくれば、発見するために必要なことはもちろんこれです。

②関心の幅を広げる

 

私だったら日経を1面から読むことと、Amazonプライムで雑誌を読み漁ることで関心の幅を持たせたいと思います。

 

③関心を持つには、ポイントが分解された仮説をたてる。

例えば、今年の服の流行は本当に黒色なのか?

と考えていたら街行く人の服が黒が本当に多いと気がつけるかもしれないです。

 

私が持った仮説は朝の電車について。

急行の乗客は座れば寝るが、普通の乗客は座って本を読む。

5/6程度で急行の座っている人は寝ていました。

 

今度普通に乗ってみます。

 

④分解された仮説をたてるには勉強が必要。目的(why)を気にした勉強をしよう。

本質を理解することで、分解ポイントや関連性を見つけやすくなる。

 

この電車がどこからきているか、何分ぐらいかかるのか、知ったらさっきの仮説がもっとポイントの絞れたものになるはずです。

もしかしたら普通に乗っているのは観光客で、急行の乗客はビジネスマンという区分けができるかもしれないです。

とりあえず急行の乗客はこのくそ暑い中皆様スーツ着用でした。

お仲間ですね、お疲れ様です。

 

雑学成分多めで、読書法の本よりも納得しやすく読みやすかったです。

 

それについては、恐らく私が読書に対してこだわりがあったからというのも多分にあると思います。

 

発見力でもある程度のこだわりは発見力を高めるが、強すぎるこだわりは頑固となり、ものを発見できなくなる原因であると言われています。

 

なるほどねえ…

 

それでは関心の幅を広げるために新聞を今日もせっせと読みたいと思います。

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 


ビジネスマンのための「発見力」養成講座 こうすれば、見えないものが見えてくる ビジネスマンのための力養成講座シリーズ (ディスカヴァー携書)