おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

今知りたい人生の勝ち方

企業して成功する人はどこか熱狂的で、面白い考え方をしますよね。

 

人生の勝算という本を読みました。

 


人生の勝算 (幻冬舎文庫)

 

☆勝つためには、基本を忠実に行う☆

 

人生で勝つには、なにを「勝ち」とするかを決めるのが大事。

勝ち方を決めたら、その勝ちに向かって、基本を忠実に徹底的に行うこと。

 

気付きがありました。

 

私の勝ちは何か。

先ずこれを決めないことには人生に勝てない。

 

これまで誰かの決めたテンプレ通りの勝ち方をしてもしっくり来なかったのは「自分で決めた勝ち」ではなかったから。

 

新卒で年収600万取ってた所謂勝ち組でもサクッと仕事を辞めてしまったのも「高い年収を得る安定した職を獲る」ことが誰かが決めた勝ちで、私が決めたわけではなかったから。

 

自己分析をきちんとして、自分のコンパスを定めないと進めないですね。

学生のころの私がみんなから強いとか、言われていたのは「就職・金・ゲーム」のために動くと固定したコンパスがあったからかもしれません。

 

私の旦那のコンパスは恐らく「家族」を指しています。

 

単身赴任から戻ってからは仕事を17時に帰って家でご飯を作ってくれています(片付けもしてくれたら嬉しいけど、たくさん言ってやる気を損ねないように気をつけます)。

 

自己分析をきちんと行い、なにを達成したら「勝ち」かを考えたいと思います。

 

「勝ち」を決められたら、それに向かってテンプレ通りの努力を徹底的にしていきたいと思います。

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 


人生の勝算 (幻冬舎文庫)