おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

最近はやりの移住とは?

本日の着目記事はこちら。

移住のための取り組みが紹介されていました。

 

 長野・中野市、移住検討者にモデルハウスで無料宿泊

f:id:letsbiginner:20190830125808j:image

自治体が移住を斡旋するのはなぜ?
  1. 人口が多い方が税収入が多くなるから。
  2. 若年層の流出で、高齢者だらけの町をささえることができないから。
  3. このままだと町が無くなる

 

主にこの3つの理由です。

実際、人がいなくなってしまって(昔は勝手に増えると思ってた)税収も減ったのに高齢者だらけで、お金はかかる。

こんなんじゃ、やってられない!

帰ってきて!もしくはどこからか飛んできて(金づる)!

 

こんな叫びが聞こえ始めたのがこの頃です。

 

なぜ移住?
  1. 田舎暮らしに憧れて
  2. 若年退職した
  3. 仕事がネット関係のために場所にこだわらない

 

最近移住する人には主に3パターンあります。

ですが、思い切るには情報がない。

 

なぜなら人が少なくネットで収集できる情報も少ないからこそ移住を斡旋しているという状況のために、イマイチ移住先のことがわかりません。

移住斡旋のサイトができてきていますが、やはり現地へ行ってみるというのが大きいようですね。

 

今回の実際に建てるかもしれない家に泊まって見れるという施策はかなり有効な気がします。

 

私もお風呂にゆっくり入れるところに…( ー̀ωー́ )

あれ、単に仕事を早く終えて帰りたいだけのようです。

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ