おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

恐怖のドライソケットを知っていますか?

恐怖のドライソケットを知っていますか?

f:id:letsbiginner:20190901114805j:image

先週、歯医者で親知らずを抜いたのですが、1週間経っても腫れと痛みがひかなかったので、今週も歯医者を受診したところ恐ろしいことが判明しました。

 

「骨が露出してる」

 

そりゃ痛いわ……。

 

親不知とは?

f:id:letsbiginner:20190901114440j:image

親不知とはご存知のとおり、大人になってから口の一番奥に生えてくる永久歯です。

ただ横に生えてきたり、上下揃わなかったりして、かみ合わせの悪化や虫歯の温床になるために抜くことが多いです。

 

私はかみ合わせが悪かったので、抜くことにしました。

 

おやおや痛みが引かないぞ

f:id:letsbiginner:20190901114937j:image

「2~3日で痛みは引いてくると思いますので……」

定番のこの言葉に見送られ、私はようやく4回目の親不知の抜歯が終わった。4本も生えてきたならきちんと使えるように生えてきて欲しかった。

 

「30分は止血のための綿を噛んでいてください。血がきちんと止まらないとドライソケットになってしまいますから」

私は物の見事にドライソケットになってしまったのだが、注意事項はもちろん聞いていた。

だから綿を強く噛み締めていたし、うがいも夜までしなかった。

むしろ4回目だ。人間として有り得る範囲では、親知らずの抜歯ベテランである。

 

「貧血のときもなりやすいんです」

そういえば抜歯した日は女の子の日2日目だった。

残念なことになりやすい条件は揃っていたらしい。

 

 

ドライソケットとは?

f:id:letsbiginner:20190901115505p:image

歯を抜くと、穴があく。

そこにあった歯を抜いてるのだから当然である。

抜いた際に出血した血がかたまって歯があった場所をうめてくれることで、抜歯は快復していきます。

 

ですが、残念なことにその血がかたまらなかったり、うっかりうがいで流れたりすると次の血が出てきてもう一度かたまる…ということはなく、骨や神経が露出しまう。

 

これがドライソケットです。

めちゃくちゃ痛かったです。

 

治療は?

f:id:letsbiginner:20190901120054j:image

病院にいったところ、レーザーで治療になりました。

私はついでに抜いた歯の歯肉がなぜかほっぺに癒着しようとしていたみたいで、その部分もレーザーで切ってもらい、傷口は焼いてふさいでもらいました。

 

こんな小さな傷ですら痛いのに、ハガレンの大佐はなんてことを( ー̀ωー́ )

 

要らない妄想をしながら大人しくしていると、先生にチリチリと口の中を何ヶ所が焼かれて。

夜には嘘のように痛みがひきました。

まだ安心しきったらいけないみたいですが、痛みが過ぎ去ればなんとやら。一安心しました。

 

「2週間ぐらいしたら治るからそしたら虫歯の治療もしようね」

私の口の中の健康はまだ遠そうです。

 

引き続き大人しく歯医者に通います。

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ