おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

画期的なペーパーコンピュータ

メモしたけど、どこにメモしたっけ?を解決してくれるいい方法です。

その手があったか(笑)

 


100円ノート「超」メモ術―目から鱗が落ちる!

 

画期的なカンタンなメモ術

この本はかなり驚きました。ノートに手を加えるのは3回、ルールは3つしかありません。

  1. 索引をつける
  2. 使ったら右下を三角に端を切り落とす
  3. 裏表紙をちょっと切る

 

これだけで、ノートで起こりがちな空きページはどこじゃ(`・ω・´)ムッキー!の問題を解決してくれます。

 

あとから見直す前提

私のノートは雑記帳です。最大の問題は書いたらもう見つけられないこと!

どこに何書いたなんて、わかりません。迷宮入りすることはざらにあります。

 

それを変えてくれるのがこの増やさない索引です。

普通はノートに付箋やら何やらを貼って増やして索引を作るのに、これはなんと削って索引を作ります。

これなら手間もさほどかからないですし、多少不器用な私でも作れました。

 

まとめ

100円ノートで、タスク管理とお買い物リスト、取りたい資格など全部管理している私にとっては目からウロコのすごいメモ術でした。

なにより、ルールが少ない!

 

めんどくさがりで、不器用な私はそんなにたくさんのルールは守っていけません。

 

あ、こっちのルール忘れた。

そっちのルール忘れた。

 

となり、結局元に戻る。無秩序のノートに早変わりです。

ちょっとこれなら続けられそうです。

この人のセミナーなら受けてみたいな〜

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 


100円ノート「超」メモ術―目から鱗が落ちる!