おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

仕事の時短はショートカットから

早く帰ろう帰ろうと思いながらも、いつの間にか……がよくあります。

仕事を時短するにはどうしたら良いのでしょうか。

 

仕事の一覧表化と、ショートカットキーの暗記、スプレッドシートの活用を進めています。

ぺーぺーの事務職は単に量で手こずってるだけです。一つ一つの動作をもっと早くできるはずです。

 


関数は「使える順」に極めよう! Excel 最高の学び方 (できるビジネス)

 

ショートカットキーを覚える

マウスでクルクルーとスクロールして、必要な情報を囲むよりもコントロール↓で一気に囲むことができます。

 

こういった小さな積み重ねが1時間の差を生みます。サクッと帰るために、ショートカットキーを駆使して時短を実現していきましょう。

 

関数を覚える

今日学んだ本には、よく使う関数や便利な関数がまとめてあります。よくある参考書は情報過多で、私の仕事には要らなーい!みたいな情報が目白押しだったりします。

ただの受付にそんな高いExcel能力は求められないよ!と言いたくなります。

 

比較的見たことのある平易で、すぐに役立ちそうな関数がピックアップされているので、この本をさらっておいたら仕事が少し短くなりそうです。

この関数ならbotも勝手に仕事をしてくれそうです。

明日ぐらいにでもこの関数を活用して、botを組みましょう。

 

オマケ:ハイパーリンク関数

最近感動した関数があります。Excelではなく、スプレッドシートですが、その名もハイパーリンク関数です。

どういうことが可能かと言うと、クリックしたらリンクに飛ぶことができます。

 

なぜそれが便利かと言うと、スプレッドシート内に宛先、cc、本文を入れておき、それをハイパーリンク関数でgmailを指定して、中身をスプレッドシートのセル指定すれば、ワンクリックで指定の下書きメールを開くことができます。

毎日日付等が変わる日報をクリック一つで開けるようになるのは、素晴らしいです。

 

私は面倒なので、日付もtodayやtext関数を使って自動更新です。

 

まとめ

自分の小さな努力で可能な時短を行っていけば、残業時間はじわじわとですが、減らしていけるはずです。

 

私の場合、もっとショートカットキーを覚えて時短を進めていきたいと思います。

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 


関数は「使える順」に極めよう! Excel 最高の学び方 (できるビジネス)