おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

騙されない自信はありますか?

久々に読みました。ヒトラーの大衆扇動術です。

 

大学生の頃に、ナチス・ドイツの扇動・広告技術について真面目に研究していたので、一度は読んでいたのですが、世界の右傾化(日本の場合は標準化)が最近流行りなので、知っておくべきことかなあと思います。

また、今と昔では感じ方も大分変わってきました。昔はこれを読んでも「ふっ!騙されるもんか!」と思ってましたが、「あ、騙されるわ」と今はわかります。

 

ぜひ読んでみてください。

 


ヒトラーの大衆扇動術

 

大衆を扇動するには?

大衆を扇動するには、わかりやすい目標、共通の敵、ちょうど良い金づる、そして神秘的で素晴らしく良い人に見える指導者が必要です。

 

わかりやすい目標

多くの人、大衆と目標を同じにするには長いスローガンは覚えられないし、複雑なことはバカには難しい。

そうなると、誰でもわかる目標が良いでしょう。

 

日本人のための日本を取り戻す!

 

とかね。

 

共通の敵

ナチス・ドイツから見た共通の敵はユダヤ人、そしてドイツを苦しめる全ての国でした。共通の敵で大切なことは頑張ればやっつけられること。

韓国で失敗したのは、この共通の敵を倒せない相手、隣国日本に設定してしまったことです。

 

日本を経済的にどうにかするには韓国だけじゃ無理。軍事でどうにかしようと思ったらアメリカ等の同盟国が許さないとなれば、韓国でどうこうできません。

共通の敵の失敗の代表例です。

 

そうですね、今の日本なら在日韓国人とかが調度良いじゃないですかね。向こうも敵国認定して、色々と活動をしていて、日本人が団結してどうにかなる相手です。

中国はバックに中国がいるので、共通の敵の失敗になりかねません。

 

調度良い金づる

ナチス・ドイツアメリカの資本家やヨーロッパの資本家から金を得ていました。なぜ、それが可能だったかと言うと、ナチ党が共産化を防ぐという名目の元、ドイツに協力してくれと呼びかけたからです。

とても上手いですよね。資本主義の元で繁栄している資産家に、共産化(※合法的に資材の没収を企てられる)を防ぎますと言われたらお金を払いますよね。

 

今の日本にお金を払ってくれる資産家は一体誰になるでしょう?日本が中国や韓国になったら困る国?

さてさて、そうなると、実はロシアとかおともだちかもしれませんね?

 

カリスマ的指導者

意外かもしれませんが、当時はヒトラーはとても良い人に見えていました。この本を以前に読んだときから覚えている部分があります。

 

「本当にヤバい人は99%が善人に見える人、残りの1%がどんなに非道なことでも成し遂げてしまう力を持っている」

 

実は当時、ヒトラーはとても人気で、子どもや動物を愛していたり、権力を上り詰めたのに質素な暮らしを好んだり、愛嬌がある人物だったそうです。

アイドルの親衛隊も真っ青なほどのファンクラブがあり、カリスマとして崇拝していたそうです。

 

本当にヤバい人は善い人に見える

私は善人そうに見える人は、本当に善人である可能性は低いと思っていて、ヒトラーと同じようにその残りの1%がとてもヤバい人なのだと思っています。

 

基本、性悪説を信じているせいでこんなひねくれたことをいいますが、この本で一番身近な話題がこの話だと思います。

本当にヤバいことをやらかす人は傍から見たら善人。欠点が無さそうな善い人こそ危険。

 

なにか欠点が見える人ほど安心できるという天邪鬼を発揮しています。

会社でもそうですよね、普段からちょっとヤバい人の方がとんでもないミスはしにくいですよね。だって、みんな疑ってますから笑

 

自分が騙されないか?

 

ぜひ、読んでみてください。

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 


ヒトラーの大衆扇動術