おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

自分を変えるには部屋掃除

私は掃除の本を読んで、夢想するのが好きなのかもしれません。

今の自分を変えたいのならお掃除!と思って、アレコレしていますが理想のお部屋にはなかなか近づけません。

 

さて、そんな私は小さい部分からちょっとずつやった方が良いようです。

 


人生が変わる! 片づけ&掃除術 部屋は自分の心を映す鏡でした。

 

見つめ直す

お片付け!と作業に入る前に、部屋を見つめ直すと、色々なことが見えてきます。

 

私の家は一人暮らしをしていた私と旦那のそれぞれの荷物ががっちゃんこしただけの無秩序な感じです。

そして、お互いにそもそも一人暮らしのときの家具にこだわりがなかったので、家具・カーテン・照明等のあらゆるものが親や先輩からの貰い物です。部屋の統一感が生まれるはずもありません。

 

一番、散らかってるのが洗面所。

化粧品の数も多い上に、収納家具がカラーボックス1つしかないこともあり、物が溢れています。

 

散らかりやすいのはリビング兼ダイニング。

クローゼットもそこにあるので、食事も着替えもその部屋で済ませます。使用頻度が高いから、汚れやすい。

 

片付けの基本は

  1. 捨てる
  2. 磨く
  3. 循環させる

 

これを意識しながら行っていきましょう。

 

クローゼット診断

よく着る服?着ない服?調べてみれば、むしろ調べなくてもわかりやすい。

 

私の場合、仕事服以外はそんなに着ない。なぜなら休みは週2日だから。

私服用ワンピース2着とジーンズ2着、シャツ2枚。

GWや夏休みのために、4セットは必要と思って用意しています。

 

よく着ている服は着たい服かどうか。

むしろ、着たくない服を用意することない気がするのですが、オフィス用の服はなんとなく自分をかっこよく見せてくれる気分の上がる服じゃないとやってられないので、私服よりこだわっています。クローゼットチェックはは合格かな。

 

やりたいこと探しに沼っている部屋

私はこれに該当します。すぐに感化されて、これやってみよう!とはじめますが、資格を取ったり、ハンドメイドならある程度の作品を作ったところでやる気が尽きます。

そして、新たな情報を入手して、「よし!次はこれをやってみよう!」となる悪循環。

 

色々な小道具に部屋が占拠されて、化粧品等が溢れてくる。私の部屋にはボディクリームが3つあります。そもそも、クリームなんてハンドクリームしか使わないのにです。

 

そんな私へおすすめされた対応法は、部屋にあるものをやってみる。

一時期やってみよう!となっていた刺繍を再度やってみることにしました。

 

また、持っているものの確認、模様替えを敢行してみました。ものの把握は記憶していられないので、アプリを使おうかと思います。

以前に使っていたボールペンが割れてしまい、インクだけが残っていました。

こういったものを後生大事にしているから、部屋が片付かないんですね。ボールペンを買うか、中身を処分するか、対応が必要です。

 

最後に模様替え。先日、読んだ別の本で学んだルールを部屋に反映するべく模様替えも行いました。気分も変わって良い調子です。

 

部屋が綺麗だと仕事から戻ったときに感じる疲労度もなんとなく違う気がします。ある程度のお部屋を維持できるよう努力してみたいと思います。

 

それでは、またねーヾ(*´∀`*)ノ

 


人生が変わる! 片づけ&掃除術 部屋は自分の心を映す鏡でした。