おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

無印良品を使ってオシャレ空間

お盆期間に引越しを終えて、荷物が多過ぎることに気がつきました。部屋が若干小さくなったのもあり、家具が余剰な気がしています。

 

カラーボックス7つ、ベッドとテーブル、座椅子、在宅ワーク用の机椅子です。文字面で見ると、大した量ではないのに、部屋で見ると明らかに溢れています。

ミニマリストが多い無印良品を見て、モノの厳選方法と収納方法を学んでいきたいと思います。

 


家事も収納も自分みがきも!本当に使える398アイテムを一挙公開 無印良品で暮らしが変わる! (別冊エッセ)

 

外から見てわかる収納

ミニマリスト無印良品マニアが好む収納はやはり外から中身がわかる収納です。私も、旦那にアレがなーいコレがなーいと言われなくて済むよう透明が便利と最近気が付きました。

目の前に見えてても、アレもなーいって言われるのだから、見えなかったらもっと言われます。

 

ポリプロピレン収納用品を活用してまとめていきたいと思います。

 

代えの効かない道具は買わない

使い潰しの効く道具を活用し、皮むきにしか使えないといった潰しの効かない道具を減らして行くことにします。

替えの聞かないものとして、ごぼうの桂剥き用のスライサーを持っていますが、買ってから使った覚えがありません。

 

なぜなら我が家はごぼうを買うとき、既にカットされているものを買います。

サボり?いいえ、これは分業と言います。私は、得意な人に処理してもらったものを買うのにお金を払うんです。共働きしているのだから、そのぐらいは当然です。

 

そういう考え方をしているなら、卵用〇〇とか、りんご用〇〇(そもそもリンゴそんなに食べない)とか。そういうものを排除が可能です。

 

特化している替えの効かないものを処分し、基本用品だけにして、無事に荷物の軽量化に成功しました。

以前より狭くなったキッチンに全て格納することができて、ほっとしました。

 

それでは、またねーヾ(*´∀`*)ノ

 


家事も収納も自分みがきも!本当に使える398アイテムを一挙公開 無印良品で暮らしが変わる! (別冊エッセ)