おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

幕末明治期を描いた人と神様の物語

アクションあり!幕末ロマンあり!恋愛要素もあり!ちょっとホラー系要素もあり!の美味しい小説でした。

 

それにしても、新選組や土方さんはどこでも人気ですよね……。

 


神様の用心棒 ~うさぎは玄夜に跳ねる~ (マイナビ出版ファン文庫)

 

読み切り型でどこからでも大丈夫

私が読んだこの本はどうやら続きの巻のようでした。既に主人公がいくつか事件を解決しているために理解のある味方がいます。

ただ、特に全巻を読まなくてもこの本だけで物語は完結しているので、読み直さなくても大丈夫です。

 

幕末の戊辰戦争そして西南戦争が終わった時代の函館を舞台に、戊辰戦争で亡くなった兎月さんと兎月さんの主神様が主人公です。

街を襲おうとするケノモノを祓う兎月さんとその事件を通して増えていく知り合いたちの物語で、人間模様が有り得そうで物語的な良い話でした。

 

ライトな探偵物×アクションが好きな人にオススメな小説です。

 

それでは、またねーヾ(*´∀`*)ノ

 


神様の用心棒 ~うさぎは玄夜に跳ねる~ (マイナビ出版ファン文庫)