おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

陰謀渦巻く王宮の幼女

ライトノベルを読む度に感じる平安時代の凄さ。

今回、私が楽しく読んだ本は源氏物語的な要素が詰まっています。

 

王子様がお姫様の幼少期から庇護して、庇護して……実際は王子様がお姫様にゾッコンなタイプ。恋愛系の小説は大体、源氏物語が先駆けています。

紫式部が今の時代にいたら、ライトノベル作家だったのかもと勝手に思ってしまいます。

 


なんちゃってシンデレラ 王宮陰謀編 異世界で、王太子妃はじめました。 (ビーズログ文庫)

 

可愛いお姫様

可愛い幼女なお姫様(中身は大人)が王宮で渦巻く陰謀に立ち向かいながら、王子に庇護されて、親愛から愛情に変わっていく様を楽しんでいけます。

 

懸命に学んで、陰謀に立ち向かっていくお姫様の健気さに「可愛い!」と勝手ながら悶えました。

1巻ではまだまだ敵の姿がハッキリしませんが、王子が姫を大切にしている片鱗は伝わってきたので、ニヤニヤしながら読めます。

 

続く

なんとこの巻では、まだまだ序章。

私は気になったので、一気に続きを読んじゃいました。お姫様の成長と王子の情緒の成長にほっとしたので、ぜひおすすめです。

 

安心して読んで大丈夫なタイプの小説です。

 

それでは、またねーヾ(*´∀`*)ノ

 


なんちゃってシンデレラ 王宮陰謀編 異世界で、王太子妃はじめました。 (ビーズログ文庫)