おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

ドラクエビルダーズ1ようやく全クリ!

土日読んだ本を紹介……にはならず、土日でようやく全クリしたゲームを紹介します。このところ、コツコツと続けていたドラクエビルダーズ1アレフガルドを復活せよをクリアしました。

 


【Switch】ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ

 

懐かしのドラクエ

舞台はかつてのドラクエ1竜王に世界の半分をやろうと言われた勇者が世界を半分こした結果の世界です。竜王の力により、世界は闇に覆われ、呪われていました。

それを、もの作りの力で祓って、再発展させよう!というのが流れです。

 

私は先に2をプレイしていたので、操作に違いがあり、戸惑いましたが、慣れれば2よりコマンドが少ないので覚えるのは早かったです。

でも、2の方が色々と仕様が進化していたりして、使い勝手が良かった……と思うこともしばしば。

 

1を基に2を作っているので、当然といえば当然ですが、技術の進歩に拍手を送りながら進めていきました。

 

 

王道の良さ

ドラクエの良いところはやっぱり王道なところ。王道だけど、世界の残酷さや厳しさには触れてくるところが王道だからこそ響きます。

 

どうして、竜王の問いに勇者は「はい」と答えてしまったのか。ビルダーに戦いは向かないから、竜王を倒すのは勇者の役目だとか。人には人の宿命があり、分相応な立場があるとか。

色々な問題にぶつかりながら、仲間たちと乗り越えて、主人公には無理と言われた竜王を倒す。そして、ハッピーエンド。

 

安心のエンドロールでした。この安心感があるから、ドラクエは迷わず買えます。テイルズやFFは気をつけないとバッドエンドで終わったりするので、私は用心しています。

頑張ってゲームしたのに、主人公が不幸になるラストとか、これまでの努力とかどうしてくれるねん!!って気分になります。

 

良い気分で終えられました。

 

それでは、またねーヾ(*´∀`*)ノ

 

 


【Switch】ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ