おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

仕事できる人はよくそうしてるよね!

本屋で思わず衝動買いしてしまった本を紹介したいと思います。

仕事できるかどうかをついにAIが判定する時代が来たのかと思ったのですが、仕事できる人を人間が選んでできる人をAIが分析したというのが正しいところでした。

 

仕事できる人の習慣を真似したら、普通社員も成績が良くなる実験済みだそうなので、読む価値はあると思います!

 


AI分析でわかった トップ5%社員の習慣

 

すぐにできる!できる社員の真似

見てみると、確かにできる人はそうだよね!という納得の内容が多くありました。私の達成率は3〜4割といったところでしょうか。

できる社員になるべく、私でもすぐにできそうなものをいくつかピックアップしてみました。

 

①メールは休日に見ないが、レスは早い。

レスは早いと思うのですが、メールを休日に度々見てしまっているので、それをやめようと思います。これはすぐできますね。休日やオフ時間はリフレッシュに費やしましょう!

 

②人の意見を肯定する

私に最も欠けていた要素です。「え?それはルールから逸脱するのでできません」と否定してしまうことが多いです。

これからは「それは良い案ですね(面白いですね)。ですが、私の権限では判断できないので、……」とするようにしたいと思います。

 

③作業進捗20%で意見を求める

差し戻しや修正で時間を取られることが多い、資料で時間がかかってしまう修正はコミュニケーションがきちんと取れていないのか理由です。

それなら、途中のものを見せて、これでコミュニケーション間違ってない?と確認するのが合理的だそうです。

 

言われてみればそうですね!という内容が多かったですが、実践してみると成績が良くなるとのこと。

 

まあ、成績が良くなったところで、一般職なので給与は変わらないし、出世もしないのですが、仕事ができるようになれば早く帰れるはずです!!

全社員時差出勤というギャグみたいな発想でコロナ対策を取った結果、8時出社になりました。それなら、仕事が終わってなかろうと17時に帰えらないと損する!となりました。

 

できる早く帰る社員を目指して頑張っていこうと思います。

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 

 

 


AI分析でわかった トップ5%社員の習慣