おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

洗濯物をスマートに

在宅勤務がはじまってから気になっていたんですよね。洗濯物が溢れて汚いこと。いや、在宅始まる前から気がついていたのですが、まあ、家にいないし、いっかなぁと放置していただけです。

 

ようやくその汚い洗濯物コーナーの改善に手を付けました。もし、同じ悩みがあったなら物干し竿を買い換える前にピンチハンガーをご検討ください。

 


HUYOU 物干しハンガー ピンチハンガー 洗濯ハンガー コンパクトに収納 空間を節約 滑り止め 防風 速乾 縦20ピンチ 強力収納 予備ピンチ付き 小物ハンガー ステンレス 錆防止 ハンガー 靴下/下着/タオル/ブラジャー/ネクタイなどの小物対応 (銀)

 

洗濯物干し

我が家の洗濯物はドラム式の洗濯乾燥機ではなく、さらに乾燥機もないため、普通に洗ったものを干しています。除湿機を回しているものの、限度があり、2~3日干しっぱなしなわけです。

 

何が言いたいかと言うと、干している量が多いです。多い上に、使っているピンチハンガーはかつて先輩からお下がりとして貰った大きくてたくさん干せるタイプ。

寮でみんなのを干すときにはそれで良かったのですが、お家で自分のを干すようになったらちょっと邪魔くさいです。

 

 

気になるピンチハンガー

邪魔くさくて廊下にまで出てきて、とにかく邪魔な(2回言ってみた)ピンチハンガーを何とかしたくて考えていました。物干しを変えるべきなのか、それともピンチハンガーを変えるべきなのか。

 

ちょっとお財布と相談した結果、先輩からのお下がりで貰ってそのまま使っていたピンチハンガーを買い換えることにしました。

 

 

予想以上のスマートさ

普通のコートハンガーと同じサイズのピンチハンガー。干している量はそのままで、体積が1/3ぐらいになりました。最高ですね。

これなら大元の物干しを買い換えずに済みます。安心しました。大元のを買い換えると1万〜2万ぐらい必要になるので手痛い出費だなぁと思っていました。

 

廊下にまででていた邪魔くさい洗濯物が部屋の中に戻り、幅を撮りまくっていたのに干しにくかったかつての大きなピンチハンガーとはお別れできます。

 

それでは、またねーヾ(*´∀`*)ノ

 


HUYOU 物干しハンガー ピンチハンガー 洗濯ハンガー コンパクトに収納 空間を節約 滑り止め 防風 速乾 縦20ピンチ 強力収納 予備ピンチ付き 小物ハンガー ステンレス 錆防止 ハンガー 靴下/下着/タオル/ブラジャー/ネクタイなどの小物対応 (銀)

仕事のランクアップ?!試し読みしてみた

「なにかしら資格を取らなきゃ……」と思うも、普段の仕事からランクアップは難しそう。それなら自分で勉強するしかありません。

 

事務系の〇〇士の中で一番手の届きそうな行政書士の本を読んでみました。

 


うかる! 行政書士 入門ゼミ 2021年度版

 

入門編は読みやすい

どんな本でもやっぱり入門編は読みやすいですね。行政書士を受けるのではなくても、とても面白い読み物だったと思います。よくニュースで聞く行政が行った〇〇処分や〇〇審査会の意味がわかるようになります。

 

この意味がわかると「あー……うん、そう、よくわかんないけど、なんかあったの」状態から抜け出せます。これは世界が変わりますね。

 

 

資格としてどう?

要は昔の代筆屋です。昔は文字の読み書きかできない人が多かったから〜とよくヨーロッパとかである話ですが、それと同じです。

 

行政文書を作るには色々なルールがあります(新米はミリ単位で書く位置をチェックされるぐらい細かいルールです)。なーんも関与したことのない一般人が書けるような代物ではありません。

それを代わりに作って代行してあげましょう!というのが行政書士です。

 

で、どうする?

細かくチェックされて怒鳴り散らされて、罵声の飛び交う職場が頭を過ぎりました。いや、きっと民間の行政書士さんはそんなことは無いと思いますが……。思ってますけど。

 

ただ、読んでわかったのが、数年とはいえ元国家公務員だけあってたぶん何も知らない人よりは向いてます。

 

気象予報士試験は今回コロナで受けるのを見送ったから、次回を目指して勉強続けようか悩んでいるのですが、気象予報士とっても役に立たないんですよね。気象予報士は大抵シフト勤務で、激務です。

 

これから子どもも欲しいなとか考える頃合の私に必要かと言われると、とても微妙で、それなら別の勉強をはじめようかと悩んでいます。

士系の資格は転勤族の旦那と一緒に生活していくには便利な資格ですよね。もう少し検討してみます。

 

それでは、またねーヾ(*´∀`*)ノ

 


うかる! 行政書士 入門ゼミ 2021年度版

仕事にも活かせるゲーム

再度の緊急事態宣言で、堂々と遊びに行くのは世間様の目が怖いなぁという雰囲気になってきました。というわけで、家の中で堂々と日本を周遊するゲームを買ってみました。

 

本気でやり過ぎると友だちと仲悪くなるので要注意ですが、中々楽しいゲームです。

 


桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番! ~

 

桃太郎電鉄

凄く平たく言うと、お金をどんどん増やしていくゲームです。はじめは1000万渡されてゲームスタート。その後、投資をしたり、スゴロクの要素で目的地に到着すると補助金の名目でお金を貰えて、どんどん資金が増えていきます。

 

スゴロク要素も大切ですが、投資の要素も大切です。

 

周遊カード強し

ゲームの序盤で重要なのは進行形周遊カードです。理由は簡単、スゴロク要素です。サイコロを振って、マスを進んでいくのに進行形周遊系カードは単純にサイコロの数を増やしてくれます。

これを手に入れられるかどうかでかなり変わってきます。初めてやるなら途中までは貧乏神がつかない程度にカード集めをした方が良いぐらいです。

 

特産品

このゲームの楽しいところはご当地のグルメや会社を見て行けるところです。ちょっとパロディな名前になってますが、あったらいいな製薬や博多のプロ野球チームと言われたらどこの球団かすぐわかりますよね。

 

これで何県にどんな会社があるのか、どんな食べ物があるかを知って、全国旅の楽しい気分を味わいましょう!

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 


桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番! ~

在宅オススメグッズ

緊急事態宣言と、入居ビルでの罹患者発生で「在宅けしからん!」のお偉いさんの声よりも「社員がかかるかもよ!?」の声の方が大きくなったらしく出勤と在宅が混じる交代勤務になりました。

電話と来訪対応要員は在駐して欲しいみたいです。

 

お上は揉めて大変だったみたいですが、そんなこんなで、私も在宅が始まったので、前回買うか悩んで買わなかったものを揃えてみました。

在宅になるのは宣言が出ている1ヶ月だけだと思うので、出勤になっても役立つ小物類を購入してみることにしました。

 

 

家では水筒よりタンブラー


ドウシシャ タンブラー ふた付き コンビニマグ ダイレクトタイプ 真空断熱 直接ドリップ 0.36L ホワイト CBCT400WH

普段の通勤時には水筒を持ち歩くのですが、家だといちいち入れ替えてめんどくさいですよね。そこで便利だと思って購入したのがタンブラーです。

コーヒーメーカーでいれたコーヒーをマグカップに入れているよりも長く保温してくれます。

 

会社でも使えるようにコンビニサイズ対応のタンブラーにしました。どうせすぐ出勤になるし「グッズ買うのはちょっと……」と考えている私の仲間にオススメします。

これならまた出勤になっても使えますよ!持ち歩いても意外と漏れないので、使い勝手も良いです。

 

 

タブレット置き

こちらの写真はないのですが、お店に行けばきっとわかります。300円ショップのタブレット置きです。机の板を挟み込んで机の天板の外にタブレットを設置できるスグレモノです。

会社の机に比べて家の机は狭いので、タブレットを並べると狭い上に「あっちの会議が見えない……」みたいな不便がおきます。

 

在宅が終わったら寝室に移動させてKindleスタンドとして勤務してもらうこととします。

 

今は外出を控えていると思いますが、スーパーへの買い物ついでに是非買ってみてはいかがでしょうか。値段も300円とお買い得です。

 

 

携帯置き


Elim's Choice スマホスタンド 携帯電話ホルダー デスクトップモニターとラップトップモニターの両方に適合 デュアルスクリーンディスプレイ マグネット式 着脱簡単 アルミ合金製 回転式 折りたたみ収納 40g 取り付け簡単 すべてのスマートフォンに対応 シルバー

このパソコン画面の横に携帯を配置できる携帯置きが便利です。

しかし、スマホカバーにこだわりがあると難しいのかもしれません。私はカバーにこだわりがなく、なんならスマホ立てようのマグネットを付けているぐらいなので、遠慮なくスマホの裏に専用マグネットを付けてスマホを良いオブジェにしています。

 

これなら作業していて気が付かなかった!を防げるという売り文句でしたが、よく考えれば私のスマホを鳴らすのは上司ぐらいです。

スマホが上司ホットライン状態の私にこの装備は不要だった……?と購入してから気が付きました。

 

 

さいごに

必要以上にストレス溜めることなく、緊急事態宣言に対応していきましょう!私は週に数日とはいえ、ようやく在宅になって嬉しいです。

先週は1日だけでしたが、かなり家が綺麗になりました。

 

それでは、またねーヾ(*´∀`*)ノ

 

地政学ってなに?と言われたので

そうなんです。「地政学ってなに?」と聞かれました。先日、本を読んでいたら聞かれました。

先日まで超ビジネス系のものを見ていたので、変わったものを読み始めたなというノリで聞かれたのだと思うのですが、知らないのか……と妙に考えてしまったので、地政学を簡単に紹介したいと思います。

 

本の紹介は後日改めてしますね!

 

地政学とは?

地政学とは、国を有機体、生存のために策を凝らす生き物として見なして考えていく学問です。つまり、生き残るためにはどうやって行動する?と考えていきます。

飢饉がおこれば、食べ物を奪うし、殴り掛かる外敵がいれば排除する。時には強い人に媚びて助けてもらうのも良いでしょう。

 

それを考えていくのが地政学です。

 

国家や国民の願いとして、自身の生存を脅かしてくるものを迎合するはずもないので、地政学の考え方は国の戦略によく用いられます。

 

特に中国やロシアは未だにその考え方を元に外交を行っています。

国の立地から生き残りやすい国と、策を凝らさないと生き残れない国があります。日本は前者だったために大陸の国ほど必要性を感じず、良い大人が地政学ってなに?の状態になっていても大丈夫!という恵まれた国でした。

 

日本の地政学

日本は伝統的に地政学が弱い国です。なぜなら海という天然の要塞に囲まれた日本はそんなことを知らなくても、国民や国土を守れたので、特に必要性に駆られなかったからです。

 

ちなみに、その反対が朝鮮半島なので、日本と半島が相容れないのも当然です。

国土の位置が近くて似ている?と錯覚を起こしやすいですが、彼らは策を凝らして、時には強者に媚びることで生き残るしか方法がありませんでした。だから海に守られて育ってきた日本と同じように育ったわけがありません。

 

とはいえ、日本もペリーに玄関を叩かれて、地政学を学びました。そして、その地政学を元に国を守るために戦争を起こしました。その結果、地政学は悪!!みたいな思想が蔓延ってしまいました。

学問に善悪はありません。知らなくて良いことなんてありません。

 

そもそも、隣国がサバイバルで育ってきて、今もその最中にいるのに、日本に優しくしてくれるわけがないじゃないですか。生存がかかっているんです、蹴落として抹殺しに動くのは当然とも言えます。

どうやって日本は身を守れば良いのか、勉強するしかありません。戦争という外交ができない限り、頭良く策略を凝らして立ち回るのが必須です。

 

自分が平和を願っても、平和にならないぞ?とようやく気がついた日本は今改めて地政学を学ぶときがきています。

 

今後の日本について、または世界について、どうやって国が考えて動いていくのかが分かればビジネスでも1歩抜きんでることができます。

例えば、日本の今後の生き残り戦略なら、ここと仲良くするはずだ!と戦略が発表される前にベトナムに行った企業は他の企業より優位に立てたでしょう。

 

次はどこ……?

もしくは、次に争いが起こるのはどこだ?

 

これを考えるために本で学びたいと思います。

それでは、またねーヾ(*´∀`*)ノ

 

Webライティングの技術とは?

以前も読んだ本なのですが、期間が空いたので再読しました。Amazonプライムで読める本なので、プライム会員はぜひ読んでみてください。短くサクッとまとまっていて、とても参考になりました。

 


伝えて動かす!WEBライティングの教科書

 

ライティングには形式がある

あなたのブログは人に読まれてますか?ブログやSNSは読んで欲しくて書いているのが大半ですよね。

 

しかし、実際に読まれているブログは少ないです。

なぜなら、芸能人でもない人の生活ブログは「よほど参考になる」または「この人仲間だ」と思わない限り定期でチェックしに行こうとは思いません。

読む側も時間が限られていて、忙しいのが普通です。暇で暇で仕方ない人は少数派です。

 

そのため、超人気の芸能人等でない限り、文章を読んでもらうためには技術が必要です。

 

現実を直視してみよう

私のブログはあまり読まれていません。

1日に10人来てたら「おお!人が来てる!」と思います。たまに50人とか来た日には「なにか悪いことしたかしら……?」と怖くなるほどです。

 

しかし、人が来たときの記事は大体わかってます。適当に書いたときではなくて、真面目にライティングをして、それなりに有名な本の読了報告は読まれます。

最近だと、最強の食事、トップ5%社員等がそれに当たります。どちらもビジネス関連で、書店平積みになっていた書籍です。

 

「その本読もうか悩んでるけど、どうだった?」という仲間意識のある人、本のタイトル・キャッチコピーにほいほいされた悩める子羊が立ち寄っていく。そんなイメージです。

 

読まれる文章

Webページは開いて、途中で「なんやこれ、おもろないな」と思ってブラウザバック……が多いです。そのため、googleのアクセス統計機能にページの滞在時間が分析項目として存在します。

せっかくWebページを見てくれたんだから、共感してほしいし、「参考になったわ!」って思って欲しいですよね。

 

そう思ってもらうためには、自分の考えていることを文字で表現するライティングの技術が必要です。ライティングは特別な技能ではなく、今私がそれを駆使して書いているように素人が本を読んで実践しても、ある程度までは形になります。

 

ある程度までいけば、ブログの閲覧数は劇的に変わります。私の読まれる記事と読まれない記事のように、驚くほどの差が出るでしょう。

 

今ならAmazonプライムで読める

今回紹介した書籍ですが、今(2021年1月時点)ならAmazonプライムで読み放題です。

プライム会員は、Amazonで購入した商品の配達料金が無料になったり、当日中に荷物が届くお急ぎ便等が有名ですが、私はプライム会員で本を読みまくれるのが良いところだと思っています。

 

一気に10冊まで本を借りることができて、中には雑誌もあります。Kindle買うのは嫌だよ!という場合には、iPhoneAndroidにアプリを入れることで他の漫画アプリ等と同じように使用することもできます。

私は容量の問題でKindleを愛用していますが、それはプライムの本読み放題にハマってからで大丈夫です。

 

毎月大量に本を買ってしまうという人にこそ、Amazonプライム読み放題はおすすめです。

 

 

さいごに

なお、お気づきだとは思いますが、今日はWebライティングの本を読んで、たまには真面目に書こうと思い立ち、セールスライティングの構成で描いてみました。

いつもタラタラ構成を考えながら書いていくように適当に感想を述べるのが好きなのですが、形式が決まっているライティングは書きやすいです。

 

ブログはじめたけど、どうやって書こう?何を書こう?となっている人にもおすすめです。

 

それでは、またねーヾ(*´∀`*)ノ

 


伝えて動かす!WEBライティングの教科書

仕事できる人はよくそうしてるよね!

本屋で思わず衝動買いしてしまった本を紹介したいと思います。

仕事できるかどうかをついにAIが判定する時代が来たのかと思ったのですが、仕事できる人を人間が選んでできる人をAIが分析したというのが正しいところでした。

 

仕事できる人の習慣を真似したら、普通社員も成績が良くなる実験済みだそうなので、読む価値はあると思います!

 


AI分析でわかった トップ5%社員の習慣

 

すぐにできる!できる社員の真似

見てみると、確かにできる人はそうだよね!という納得の内容が多くありました。私の達成率は3〜4割といったところでしょうか。

できる社員になるべく、私でもすぐにできそうなものをいくつかピックアップしてみました。

 

①メールは休日に見ないが、レスは早い。

レスは早いと思うのですが、メールを休日に度々見てしまっているので、それをやめようと思います。これはすぐできますね。休日やオフ時間はリフレッシュに費やしましょう!

 

②人の意見を肯定する

私に最も欠けていた要素です。「え?それはルールから逸脱するのでできません」と否定してしまうことが多いです。

これからは「それは良い案ですね(面白いですね)。ですが、私の権限では判断できないので、……」とするようにしたいと思います。

 

③作業進捗20%で意見を求める

差し戻しや修正で時間を取られることが多い、資料で時間がかかってしまう修正はコミュニケーションがきちんと取れていないのか理由です。

それなら、途中のものを見せて、これでコミュニケーション間違ってない?と確認するのが合理的だそうです。

 

言われてみればそうですね!という内容が多かったですが、実践してみると成績が良くなるとのこと。

 

まあ、成績が良くなったところで、一般職なので給与は変わらないし、出世もしないのですが、仕事ができるようになれば早く帰れるはずです!!

全社員時差出勤というギャグみたいな発想でコロナ対策を取った結果、8時出社になりました。それなら、仕事が終わってなかろうと17時に帰えらないと損する!となりました。

 

できる早く帰る社員を目指して頑張っていこうと思います。

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 

 

 


AI分析でわかった トップ5%社員の習慣