おとなの勝手に綴る読書感想文

乱読家が読んだ本の感想を書いていくだけのブログ

会話の続け方

会話ねえ…

 

まずそんなに話す相手が( ✧Д✧) カッ!!

 

旦那と上司ぐらい...(lll-ω-)チーン

まあ生まれ育った場所から羽ばたいてしまったらそんなもんだと思いたいです。

 

時間もないですし

 

 


マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方 【会話がとぎれない!話し方シリーズ】

 

とはいえ、気になる

 

そういえばバイトの子ともう少し仲良くやりたい…

ありがとうはこまめに伝えて、褒めて、情報共有してますが会話らしい会話は少ない気がします。

そんなもんですかね?

 

 

●「(´>∀<`)ゝ」という隙を開示ををする

●天気や周りのもの等の話をする

 

 

隙がない会話には乗りづらい

 

言われてみればそうかもしれないです。

そうそう!って共感できるのは基本的に「寒いから起きれない」とか、「そこの段差でつまづいて痛かった」とかそういう話ですね

 

 

よく言いますね、

困ったら「今日はいい天気ですね」「今日は寒いですね」とか

上司と毎日天気の話してますね(笑)

前職で気象予報をする仕事をしていたせいか天気の話題は確かに豊富です。

 

でもそこから

「コタツから出れなくて…(´>∀<`)ゝ」

みたいな会話に繋げると良いというアドバイス

 

なるほど、わかりやすい(´>∀<`)ゝという隙のある発言は話に乗りやすいのか!〆(゚▽゚*) メモメモ

 

 

他にも、引っ込み思案な人と話をするときにはYESNOで答えられる質問から入るといいとか、すごく参考になりました。

 

 

今日上司に試してみたところ、意外と会話が続いて驚きました。

会話があったあとにする質問や報告は気持ちが楽な気がします。

 

意外と効果抜群かも?(笑)

 

コミュニケーション力は聞く力なんですね!

 

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 


マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方 【会話がとぎれない!話し方シリーズ】

物言いに注意!?

うーん…

悪い人ではないのは、わかっているんだけど、なんだか接するのが苦手なんだよな〜

 

といわれる人がいたらこちらをチェック(笑)

 

周りの人がへそを曲げるのはあなたの物言いのせい!?

 

上司が私の思う方向に向かってくれない!ということがあれば、この本を参考にしたらいいのではないかと思います。

私は急に自分の思うように仕事を持って行けるようになったので、感動しています

 

 


やる気を引き出すモノの言い方48 部下を動かす一言、ヘコます一言 スマートブックス

 

 

昔、管理職時代の私は、もの言いが良くなかったんだなあ…

と反省しながら読みました。

 

現在は管理職ではないので、上司がいうことを勝手に脳内翻訳することに使ってます(笑)

 

 

「忙しいんだけど」

→「あとでゆっくりみてあげるよ、いつがいい?」

 

 

酷い翻訳ですよね(´∀`*)ケラケラ

 

きっと上司もこれだからあいつは懲りないんだ…とびっくりに違いありません。

いちいちまともに受けてたら疲れると思うんですよね〜

 

 

あとはこの問いかけのbad例を見ることで、上司はこういうことを言いたかったのか!という発見になりました。

先手を打って、こうして欲しいな、という誘導のために活用しています

 

そうしたら、あら不思議、残業無くなりました(´>∀<`)ゝ

 

コミュニケーションの問題で残業が発生していたんですね…

まあ仕事自体が難しくない簡単なものなので、薄々察していましたが、これで毎日が楽になります。

 

 

家に帰り、翌日のお弁当を作る余裕ができました👏(・_・)wwwwwwww

 

今日は焼き鮭と白飯!

 

コーヒーカップシジミ味噌汁を入れて、バッチリです(*`ω´*)ドヤッ

 

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 

 


やる気を引き出すモノの言い方48 部下を動かす一言、ヘコます一言 スマートブックス

 

日本人にも浸透したらいい考え方

クタクタで土日すらなんにもできない。

家族が話しかけてくるのすらうっとおしい

 

そう考えている私たちに問いかけます

 

 

「なんのために生きてるの?」

 

 

働くため?お金を稼ぐため?

そんなわけないじゃない(笑)

 

そんな簡単で気が付かない灯台もと暗しを照らしてくれる本でした。

 


北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方 心の病を抜け出した夫婦からのアドバイス27

 

 

実際に不安症で、精神障害を患った夫婦のお話です。

 

2人がどのように変えて行ったか、変えていくことでどんないいことがあったか。

素朴ですが、今の幸せを感じていくのに役に立つ本でした。

 

実際に自分たちが経験したことを書いてくれているため、「大丈夫大丈夫」と念じ続けてしまっていたときの心理や幸せを蔑ろにしてしまっていた気持ちが素朴ながらリアルに描かれています。

 

ネガティブを考えるのは5分だけと決める

ネガティブな考えが浮かんだらそれは後で考えよう、決めた時間以内だぞ!と後回しに思っていると忘れる(笑)

 

それでネガティブな思考時間を減らしていくであったり、いいことは沢山メモして持ち歩く等

 

すぐに実践できることも沢山書いてあります。

 

心理カウンセラーの勉強をしたおかげで、

( ゚д゚)ハッ! 〇〇療法!?

と思いながら読めたのも自分の成長を感じて嬉しくなりました。

 

 

ネガティブ思考をポジティブに切り替えていくにはこういうやり方もあるんだ…と個人的にも、新米カウンセラーとしても勉強になりました。

 

●美味しいパンを食べた

●コーヒーが美味しい(カフェインは控えるように本では言われていました)

●旦那が毎日ハグをしてくれる

●家族が二人とも健康である(この前まで不健康だった)

●電車で座れた(笑)

 

 

今日も書ききれないほどのちょっとした幸せがありました。

見返してみるといい気分ですね(*`ω´*)ドヤッ

 

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 

 


北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方 心の病を抜け出した夫婦からのアドバイス27

一瞬を生きるのは美しいけど…

華々しく一瞬を自分に正直に生きていくのは「普通」できないから憧れを持ちますね

 

私もかつては一瞬に生きていました(笑)

 

正しいと思うことに声をあげて、セクハラパワハラに抵抗して、部下を守って、法律違反を告発して…

あとから仕返しされるとか、出世面で報われないとか、色んな不都合はどうでもよくて「正しい」ことをしていました。

 

まあ結果、現在は公務員を辞めて契約社員として民間企業で働いています。

「正しい」ことをする人間は荒波たてず法律違反でも仲良しこよしをしていたい他の人からしたら目障りな人間でしかないですからね

 

いくら公務員とはいえ、福利厚生を受けられるわけがないんです(´∀`*)ケラケラ

 

手続きをするのは仲良しこよしをする人たちなんですから

きっと民間はもっと顕著でしょう

 

決定権者すら仲良しこよしクラブの一員の可能性すらあります

 

 

まあ一瞬を生きなくなってから、突然殴られたり掴み掛かられたり、罵声を浴びせられたりしなくなって毎日はとっても快適です。

これならみんな「正しい」ことなんてしませんよねと納得しました(笑)

 

 


座右のニーチェ (光文社新書)

 

 

理想のために今を生きなさい

 

要は圧縮するとそういうことでした。

 

意外です

もっとニーチェは達観したさとり世代的なことを羅列しているのかと思っていたのですが、どちらかというと過激派だったんですね。

 

 

著者が全体的に吉田松陰の影響を受けていそうな口ぶりでした。

 

 

一瞬を生きる「~べき」はカッコイイように思えてしまうかもしれないけれども、それは一瞬しかできない。

大抵そういう人は短命ですぐに消えていきます。

 

人間のストレス耐性はそれについていかないのでしょう。

 

 

エンジンをかけたい人にはオススメですが、大半の日本人はエンジンを切りっぱなしの方が受け入れられやすいのでニーチェは人と相入れるのは難しかっただろうと思います

 

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 


座右のニーチェ (光文社新書)

 

 

人間とはなにか?

人間とはなにか?

 

この哲学的な問いをこの短い小説から投げかけられました。

 

 


おうむの夢と操り人形 (Kindle Single)

 

あるビジネスの成功が描かれている本です。

 

 

機械化、ロボット化が進んだ日本で更なる革命を起こした人型ロボットの話です。

 

ロボットの扱い方を心得ない子どもや老人を傷付けない工夫をされた結果「ものを持つことのできない」人型ロボットは東京オリンピックで案内役としての役目を終えて不良在庫として倉庫に山積みにされていた。

それにちょっとした興味を持ったコンサルタントの2人が日本にロボット革命を起こしていく物語です。

 

人にぶつからないよう工夫された配膳用ワゴンロボットが未だに誰ともぶつかったことがないのに飲食業界での導入が進んでいなかった。

その理由にワゴンロボットの存在感のなさが人に対して不気味さを与えているということに気がついた2人は、不良在庫だった人型ロボットをつけて大成功を収める。

 

 

その一方、シェアハウスに置いてある人型ロボットに執事のような動きをさせて、おかえりなさいを言わせたい同居人の希望に応えて、人型ロボットに会話機能として「オウム返しをする」プログラムを付けて遊んでいた。

たんぽぽの絵を認知すれば「たんぽぽがお好きですか?」と聞くプログラムがついたロボットだ。

 

そうして会話ができるようになると心はないのに情が湧いてしまう。

 

そうして、人の言葉や近くにあるものを使って「オウム返し」をするロボットの有用性が判明した。

認知症のお年寄りの介護、人によっては意味をなさない会話をするお年寄りの会話をロボットは根気よく続ける、プログラムされているからだが、お年寄りから会話の終わりを告げられるまで話し相手になってくれるロボットは介護に適任だった。

その可能性を示された2人はあくまでロボットとして提供するつもりでいたが…

 

 

何年も経ち、そのビジネスにより大成功した同居人はある実験を行う。

 

 

私はなんのために仕事をしていたのか。

人間とは何なのか。

 

物語を通して語りかけてきます。

 

途中までビジネスライクな雰囲気のある小説が最後の最後でぞわっとさせてくれます(笑)

 

面白い本でした。

 

もしかしたら日本のオリンピックボランティア不足はロボットが解決してくれるかもしれませんね?

 

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 

 


おうむの夢と操り人形 (Kindle Single)

カウンセラー資格を(σ´∀`)σゲッツ!!

本当は週末にブログにあげようと思っていて、忘れていました(笑)

 

メンタル心理カウンセラーの資格、立派な資格証とカードが家に届きました!(写真はそのうち)

 

 

これで私も晴れてカウンセラーですが、カウンセラーになったものの一体何をするのか(´∀`*)ケラケラ

当初は立地に関わらず仕事をしたいと思っていて調べていたのですが、現在メールカウンセリング中の人をやろうとすると偽物、詐欺などを行うものが多く危なくて開始できません…

 

 

一体どうしてこういう厄介なことをする人が現れてしまうのか┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

 

仕方ないので、大人しく上級心理カウンセラーを取得してから、資格取得させてくれたところにメールカウンセラーとしてやってみたいんだけどー…とへばりついて脱未経験をしたいと思います。

合わせてキャリアカウンセラーも取得して、Kindle本でも出版しますかね(笑)

 

普通のメンタルカウンセリングよりもキャリアカウンセラーの方が今は需要があるらしいと聞きました。

 

メンタルカウンセリングはやはり対面が多いんですかね?

まあ確かにちょっと想像してみると、

「キャリアどうしようかな?」

なんて質問はメールでもいいような気がしますが、

「〇〇!あいつ信じられないヨヨヨ(´;ω;`)」

という案件をメールでぶつけるのは難しいですね

 

うーん、納得?

 

でも人に言えないから溜め込んでしまうわけで…

 

 

カウンセラーデビューも開業前に方向性が欲しいところです。

やはりここは経験が必要かな

 

上級心理カウンセラーを取得してへばりついてみますか(笑)

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 

 

ちょっとホッとした小説

ちょっとホッとした小説でした。

 

ビジネス本ばかり読んでいるとなんか気持ちが疲れてくる気がします(笑)

 

 

勉強にはなるし、面白いんですけど、

(´つヮ⊂)ウオォォwwww

ではなく

(*´∀`)-3

とするのはやはり小説ですね

 

今日は妖怪の文字につられて、この小説を読みました。

 

 


妖怪の子預かります 〈妖怪の子預かります〉 (創元推理文庫)

 

 

少しずつ成長していく少年と、

なにか影のある保護者の組み合わせなのにどこかホッとします。

 

理由のない関係だけど、絶対に崩れない安心感が読み手にも伝わってきました。

 

 

最後のどんでん返しや途中の妖怪ならではのホラーもありますが、全体的に家庭的な温かな雰囲気がありました。

 

 

一緒にいる理由はなくてもいい

 

今を共有できる相手がいるだけで幸せ

 

 

この価値観はSNSとかが普及してからの最近の価値観なのかなと思いながらも、それを上手に落とし込めていて面白かったです。

 

 

それではまたねーヾ(*´∀`*)ノ

 

 


妖怪の子預かります 〈妖怪の子預かります〉 (創元推理文庫)